水槽の汚れ具合

カエルのエサをペレットに変え、エサやりは初期に比べたらかなり楽になりました。本来はグッピーを中心に飼うつもりで始めた水槽なのですが、最近はすっかりカエルに手を取られてしまっています。

水槽の汚れは、汚れの原因と思われるアカムシをやめてペレットにしたのですが、やはり水槽の汚れのスピードは落ちず、コケがすぐにたまってしまいます。水槽の掃除をしても、またすぐにフィルターを交換しないとコケがたまってしまいます。これはもう、水槽そのものを取り換えなくては解決しないのではないかと最近は考え始めています。まだアカムシをやめてから間もないので、とりあえずもう少し様子を見ようと思うのですが、あまりにもコケがしつこいのでちょっとギブアップ気味です。

コケ

仕事から帰ってきてから綺麗な水槽に癒されたいところなのですが、グリーン(コケの色)な水槽にややストレスを感じてしまうところです。仕事の方は、最近人事の入れ替わりが多く、新しい先生が増えています。看護師は今年度は同じメンバーでいけそうなのですが、医師の方は新しい先生を迎えて医師不足を解消する方針のようです。看護師も増やしてくれるとシフトの回転がもう少し楽になったり、休みを取るにも融通が利くようになるのですが。

やはり医師や看護師不足はどの病院でも同じようで、ある程度対策をとって問題を改善したとしても、解決、とまではなかなかいかないようです。看護して転職には興味があるので、新しい先生にちょっと転職のことを聞いてみました。看護師の転職のことは以前にも自分で調べたことがあるのですが、医師の転職の仕組みもそれほど大きく変わるものではないようです。自分で転職先の病院を見つけてアピールする方法もありますが、仕事を続けながら転職活動をするにはやはり転職サイトなどを利用するのが良いみたいです。私も子供がまだ保育園なので、保育園のお迎えに便利な職場に移れればなあと思っています。

おやつはミミズ

タイトルを見てぎょっとする方もいるかもしれませんが、ミミズをおやつに食べるのは私ではなく、水槽の中のカエルです笑。

冗談はさておき、水槽の汚れの原因と思われるアカムシ(ミミズ)を少しずつ減らして約1週間ちょっとたちました。ミミズは食べている姿を見かけるのですが、カエル用のエサ(ペレット?)はあまり食べている様子をみかけないのですがしばらくしてみるとなくなっているので、おそらく知らないうちに食べているのでしょう。

ミミズは1週間に1回、スペシャルミールとして与えることにしました。できることならなくても良いものらしいのですが、せっかく買ったアカムシがまだ残っているというのと、これまで主食としていたものがいきなりなくなると、カエルが体調を崩すかもしれないという配慮から、少しずつ減らし、今あるアカムシがなくなる頃には完全にペレットのみに切り替えられてればと思います。

アカムシをやめてペレットに切り替えた理由は水槽の汚れ。最近、掃除をしてもすぐにコケが生えてしまい、フィルターの交換の回数もかなり増えています。水槽を一度空にして、全体を洗ってみたり、フィルターも取り換えるついでにすべて取り外して掃除してみたりもしたのですが、やはりまたすぐにコケが生えてしまいます。どうやら、水槽全体がそんな流れで落ち着いてしまっているようで、水槽の汚れの問題はまだまだ考えていかなくてはいけないようです。

時には水槽の水が濁ってしまうこともあるのですが、この時には水槽の水がすきとおるまで毎日1/3の水を取り換えることで解決します。すぐには治りませんが、続けて水を取り換えると2日くらいで水の色が落ち着きます。原因によって対処法も違うようなのですが、水が白く濁ってしまう時には、水のトリートメントを入れることで解決することもできるようです。

濁り除去

水槽の汚れとカエルのエサ

水槽の水替えは、基本的には1週間に1回、水槽の1/3くらいの水を取り換えると言われているので毎週そのくらいの水を取り替えているのですが、最近は掃除をしても追いつかないくらいコケが繁殖するようになってしまいました。

スネイルやサカマキガイもいるのですが、水槽のフィルターも交換してもすぐにコケがついてしまいます。どうしてなのか調べているのですが、よくわかりません。ペットショップにカエルのエサを買いに行った時に、水の汚れのことを相談してみたら、アカムシは栄養もあって、カエルだけでなく他の魚も大好きだけど、実は水にはあまりよくないのだそうです。

今は朝はグッピーのエサをあげ、夜にアカムシを入れてそれをグッピーとカエルが一緒に食べています。スネイルもアカムシにくらいついている時がありますが、スピードが遅いので他の魚たちに食べられてしまうことが多いです。こ夜のアカムシをやめて、グッピーには朝晩グッピー用のエサをあげて、カエルにはカエル用のフードをあげると水の汚れは少し軽減できるそうです。ただ、ひとつ心配なのは、いきなりアカムシをやめてカエル用のフードに変えて、それをカエルが食べられるのか、という点です。

最初はアカムシを顔の前にピンセットでもっていかないとエサを食べなかったカエルが、水槽の中に沈んでいる小さなフードを自分で見つけて食べることができるのか、実はとても心配です。アカムシについては、1週間に1度のスペシャルフードだと考える人もいるようなので、フードが食べられれば栄養的には問題ないのですが、餓死をしないかどうかがやはり気になるところです。

ということで、今回はとりあえずいつものアカムシと、お試しでカエル用のフードも買ってみました。ちゃんと下に沈むそうなので、慣れればカエルも自分でフードを見つけて食べられるようになるのだそうです。早速明日からカエルのエサを少しずつフードに変えていってみようと思います。

カエルのエサ

いつの間にかサカマキガイ?

手がかかることが予想されていたカエルですが、しつけ対策もうまくいき、お皿から自分で食べられるようになりました!アカムシは冷凍のものを使っているので、毎日上げる前に解凍してからあげています。解凍といっても、少量なので5分くらい室温においておくと良い感じに解凍されています。

完全に解凍されていなくても、あとは水の中で解凍されるので大丈夫なのではないかと思っています。そんなこんなで、水槽の中を観察していたら、入れた覚えのない貝殻を発見しました。他の魚たちよりもかなり小さいのですが、水槽の側面をちょこちょこと動いているのです。何だこれは??と思って調べてみたところ、どうやらサカマキガイのようです。どうして入れてもいないのにいるのか?と調べてみたら、サカマキガイは水草などを買った時に葉っぱにくっついてくることがよくあるそうです。

サカマキガイが一匹ついてきただけなら良いのですが、卵が気づかぬうちについてくると、サカマキガイが水槽の中で大発生してしまうらしいのです。繁殖力も強いらしいので要注意です。サカマキガイは、他のスネイルと同様、コケを食べて生きているので、水槽のコケ掃除という意味では悪くないと思うのですが、繁殖力が強いことから、害虫扱いされていることが多いようです。

そんなやっかいものと思われるサカマキガイですが、今のところは一匹だけなので、しばらく様子をみようと思います。話は変わりますが、グッピーたちの熱帯魚の他に、もうひとつ水槽が増えてしまいました。水槽と言っても、小さな金魚鉢ひとつなのですが、保育園の金魚釣りを子供がしたところ、一匹釣れてしまったので、小さな金魚鉢を買いました。金魚は子供の時に買っていた時以来なので、何となく懐かしい感じがします。熱帯魚の水槽と、金魚の水槽、我が家のカウンターは水族館化しつつあります。

金魚

カエルのしつけ

さてさて、手のかかる子だとは知らずにタンクメイトとして迎えてしまったカエルですが、いろいろと自分で調べてみたところ、毎日決まった時間にえさをあげることで、お皿から自分でエサを食べることができるようにしつけることができるそうなのです。

先週はまだいわれるがままにやっているところもあったのですが、今週からはピンセットでエサをあげるのをやめて、おさらにアカムシ(冷凍のみみず)を入れてあげています。アカムシをお皿にのせてそのまま水に入れると、当然のことながらお皿が砂底に到着するころにはアカムシはふわふわと水の中を浮いてしまい、エサが散ってしまいます。なので、お皿の上にアカムシを乗せて、その上に軽くふたになるものをかぶせて砂底において、ふたをはずすことで水の中でもアカムシをおさらに載せて与えることができます。面倒なのですが、ピンセットでひとつひとつあげるよりは楽なような気がします。

ここでのポイントは、毎日同じ時間にえさを与えること、そして、毎回同じ場所にえさを置くことでカエルがエサの時間を覚えていつも食べてる場所にやってくるのだそうです。また、カエルは音(振動)に敏感なので、エサを上げる前に毎回必ず水槽を軽くノックすると、ノック=エサの時間という習慣を学び、慣れてくるとノックをするだけでエサの場所にやってくるようになるのだそうです。

今のところは歩き回っている中でたまたまお皿の上にあるエサを見つけて食べているといった感じですが、そのうち習慣化して慣れてくれたらと願っています。ミミズを上げるときも、冷凍庫から出してすぐのものだとすぐに浮いてしまうので、5分くらい常温いおいて解凍してからあげることで、下に沈みやすくなります。カエルは基本的には下に沈んだエサを食べるので、浮いてしまうエサはあまり向いていないのです。例えば、アカムシには冷凍の他には乾燥したものもありますが、乾燥したエサは浮いてしまうのでカエルはなかなかエサを見つけてありつくことができません。

うちの場合、浮いてしまったアカムシは、グッピーがむらがってあっという間に食べてしまいます。カエルは食いつきが悪いので、与えているアカムシのほとんどはグッピーが食べて、その残りをカエルが食べているといった感じです。それでもちゃんと食べられているようなので、これでひとまずカエルのエサの問題は解決となりそうです。

アカムシ

カエルが★になりました

ちょっと前に新しいタンクメイトとして仲間入りしたカエルですが、一見元気にしているように見えたのですが、ちょうど1週間したころに★になってしまいました。気づいた時にはスネイルに食べられそうになっていました。まさかスネイルがカエルも食べてしまうとは、恐るべしスネイル。

スネイルは基本的に生きている生き物は攻撃しませんが、魚の死骸やコケ、排泄物なんかを食べて水槽を綺麗にしてくれます。なので、カエルも★になったことがスネイルにわかり、ごちそうだと思い、食いついたのでしょう。しかし、いくら★になってしまっても、購入してから2週間以内に★になってしまった場合には、それをお店にもっていけば新しく元気なものと取り換えてくれることになっているので、スネイルの餌食にしてしまう訳にはいきません。いそいでスネイルをつついてカエルを吐き出してもらい、カエルのボディを確保しました。カエルは見た感じ、特に病気でもなさそうで、怪我をしている様子もありません。

新しい環境がショックだった可能性もありますが、ショックで★になる時はもっと早いはず。ひとつ気になるところは、エサを与えてもあまり食べていなかったこと。でも、見ていないところで食べているのだろうと思っていたのですが、もしかしたら他の魚に取られて食べられていなかったのかもしれません。

お店にもっていくのは早いうちが良いので、その日のうちにお店に行き、事情を話してみました。すると、カエルには実はミミズをあげなくてはいけないという事実が発覚しました!つまり、なんと最初のカエルは餓死をしてしまったのです。購入する時の店員さんはなんでも食べると言っていたのですが、やはりカエルにはカエルの食べ物を上げる必要があったのです。知識不足が原因でかわいそうなことをしてしまいました。早く気づいてあげれば良かったと思います。これ以上同じ失敗をしないように、今回は冷凍のアカムシ(みみず)を買いました。これを1日1回あげるのだそうです。

そして家に帰ってさらに調べてみたところ、この種のカエルはあまり食いっぷりがよくないので、口の前までピンセットでアカムシをもって行ってあげなくてはいけないとか書いてあります!そんなに手のかかるカエルだったとは思いもしませんでした。ミミズを触るのはできるだけ避けたいのですが、何とかピンセットでエサを与えることに成功しました。手のかかる子ですが、こうして手をかけるとまた愛着もわいてきます。

frognew

新しいタンクメイト カエル

最近水槽の仲間が増えていますが、また今週も一匹やってきました。

水槽の仲間、いわゆるタンクメイトというものですが、共存できる種類であればいろいろなのがいたら楽しいので、グッピー以外にも別の種類の生き物を入れてみることにしました。タンクメイトを増やすときの注意は、まずは今水槽にいる魚たちと共存できるものであるかどうか。例えば、ベタなんかは他の魚を食べてしまうのでタンクメイトには向いていません。グッピーは、稚魚を除いては他の魚は攻撃しないので、タンクメイトに向いているのです。

今回やってきたタンクメイトはなんとカエルです。カエルといっても、陸がなくても生きていけるもので、大きさもそれほど大きくならないそうです。African Dwalf flogというカエルで、温和でマイペースな性格なので、他の魚ともうまくやっていけるそうです。

ただし、稚魚はたべるようなので、要注意ですが、稚魚は親グッピーからも離す必要があるのでその点は問題なくいけそうです。カエルは、水槽のコケ対策を探しにお店に足を運んだ時にすいーっと気持ちよさそうに泳いでいるのをみかけて、店員さんに聞いたところ、温和で水中に浮いているものを食べてくれるという話だったので、水を綺麗に保つためにも貢献してくれそう!ということで、ほぼ衝動買いをしました。エサはなんでも食べるという話だったので、今のところはグッピーと同じものをあげています。

あまり食いついている様子がないので、ちゃんと食べられているのか心配なのですが、残って下に落ちたものも食べるという話だったので、お腹がすいた時に食べ物を見つけた食べられるでしょう。新しいタンクメイトのカエル、きょとんとした顔がなかなか愛嬌がありかわいらしいです。

frog

やはり気になるコケ

ラムズホーンを入れて約1週間。ラムズホーンは元気に這い回っているのですが、気になるコケはあまり減っている様子がありません。できれば生き物の特性を生かしてコケ対策をしていきたいと思っているのですが、ここはやはり人工的に掃除もしなくてはいけないということで、水槽の内側をこするためのブラシも買ってきました。

ブラシ

ブラシを使えば、ガラスについた表面はそこそこ落ちます。そしてもうひとつ気になるのが、ラムズホーンを入れてから水草が食べられているのです。食べている犯人は、おそらくラムズホーン。水草ではなく、コケを食べてほしいのですが笑。コケよりも水草の方がおいしいんですね、きっと。コケ対策はまだまだ考えていく必要がありそうです。

水槽の水替えは、本来ならば1週間に一度程度、3分の2程度の水を交換するだけでよいのですが、やはりコケが原因なのか、下にたまった汚れが気になるので最近は3日に1度のペースで水替えをして、汚れがたまる前に掃除をするようにしています。もう少し楽に水槽の管理ができたら良いのですが、まだまだ水槽の管理については調べていく必要がありそうです。

そんなこんなで、水槽のことで頭がいっぱいの日々ですが、先日は久しぶりにいとこが遊びにきました。いとこはもう中学生の母親。中学生になって、自転車で遠出をすることが増えたそうで、交通事故の話になりました。まだ事故は起こしていないものの、やはり自転車を毎日使うようになると心配は増えます。事故に合わないようにすることができればそれがベストなのですが、万が一何らかの交通事故に巻き込まれた時のことを考えて、自転車保険が必要なんじゃないかと思うのです。

そして、自転車保険について調べてみたらいろいろと見つかりました。保険って、自動車だけじゃなく、自転車にもちゃんとあるんですね。子供のためのチャリ保険を見てみたら、自転車の保険の比較まで見ることができました。ざっと見た感じでは掛け金も毎月500円以下のところからあるようです。早速いとこにもメール。我が家でも万が一の交通事故に備えようかと考えています。

新しい仲間 ピンクラムズホーン

先週生まれたグッピーの赤ちゃんは、親グッピーとは別の水槽ですくすくと育っています。水槽が2つとなると手間がかかるという難点もありますが、グッピーは親魚が稚魚を食べてしまうということなので、ある程度大きくなるまでは別々の水槽で育てる必要があります。

せっかく育てるのなら楽しく育てたいということで、グッピーの赤ちゃん用には新たにガラスの水槽を買ってきました。ガラスだとちょっとかわいらしいというのと、赤ちゃんだけなら小さな水槽でも大丈夫なので、ガラスの、いわゆる金魚鉢を買ってきました。赤ちゃんたちは新しい水槽ですいすいと泳いでいます。稚魚は、生まれてから24時間から48時間くらいは下の方に沈んでエサも食べようとしなかったのですが、今では食欲旺盛で、つぶしてあげたグッピーのエサをよく食べています。

親グッピーのいる水槽は、最近コケが気になってきたので、コケ対策としてスネイルを投入しました。コケ対策もいろいろと調べたのですが、水替えの時にまめに側面をこすること、そしてもうひとつはコケを食べる生き物を仲間入りさせるということなのです。コケをこすると、こすれおちたコケがフィルターに行って、フィルターの交換頻度が高くなるというデメリットもあるので、やはり自然のものは自然の生き物に綺麗にしてもらいましょうということで、我が家ではスネイルを投入しました。投入したスネイルは、元気に水槽のあちこちを動き回っています。

コケもあちこちに出てきているので、食べがいもありそうです。グッピーがスネイルをつついているのが気になりますが、スネイルのからについたコケをグッピーが食べているのでしょうか。これについては調べてみたけれど、あまりわかりませんでした。今回入れたスネイルは、ピンクラムズホーンというスネイルで、割と育てやすく丈夫だそうです。一度に複数入れるとエサとなるコケが足りなくて★になってしまう可能性があるとのことだったので、まずは一匹からスタート。様子を見て必要があれば増やしてみたいと思います。

ラムズホーン

グッピーの赤ちゃん誕生

タイトルからもおわかりかと思いますが、グッピーの赤ちゃんが誕生しました!何時に生まれたのかは正直わからないのですが、昨夜、寝る前にもう一度グッピーたちを確認したところ、なんと水槽の中に赤ちゃんたちが泳いでいたのです!

グッピーの赤ちゃん

産卵箱も買ってあったのですが、タイミングを逃してしまいました。目の前に他のグッピーに食べられてしまった赤ちゃんもいるのですが、ざっと数えたところ、赤ちゃんの数は16匹前後。動きが早くて正確に数えられたかどうか不明ですが、だいたいそんなところです。

とりあえず、他のグッピーに食べられないように、別の水槽に移しました。さて、どうしましょう、といったところです。えさもくだいてあげてみたのですが、生まれたばかりだからか、下の方に沈んでいてあまり食べようとする様子がありません。大丈夫だと良いのですが。

誕生する瞬間は逃してしまいましたが、すいーっと泳いでいる赤ちゃんを見た時には感動しました。話は変わるのですが、今働いている職場での保険が見直されることになりました。社員の意見もほしいということだったので、いろいろ調べてみたところ、企業向けの保険と言ってもいろいろありますね。法人保険の比較ランキングを見てみたら、企業向けの保険の詳細と比較をすることができました。

今の私は転職も考えていて、旦那の職場での保険もあるので、何とも言えないところですが、会社で加入する保険はやはり、保証がしっかりしていて安心できるもの、そして信頼できる保険会社を選んでもらえたらと思います。転職を考えていることはまだ職場には伝えていないのですが、やはり今の仕事は家族との時間をとるのが難しいので、夜勤のないパートの仕事を見つけることができたらと思います。

温泉旅行の記録

2泊3日間の温泉旅行、行ってきました。そして不安だったうちのグッピーたちも、3日間フードで元気に過ごしていてくれました!

誰かが★になってしまったらどうしようと心配していたのですが、全員元気で何より。これで、3日間は留守をしても大丈夫だということがわかりました。

人を見るとお腹がすくというのもいつも通りで、まだ3日間フードが残っているにも関わらず、私を見たらグッピーたちがエサをねだりにやってきました笑。人が水槽のところに来るとエサをもらえるというのがわかっているようです。そう思うと、魚もかしこいんですね。

旅館には、大きな水槽にロブスターと大きな魚、そして外には池があり、コイがいました。このコイたちも、人からエサをもらうというのを覚えているようで、観光客が池の近くに来るたびに集まってきました。残念ながらエサやりはできなかったのですが、水槽の大きな魚とコイ、そしてロブスターも楽しんできました。夕食にロブスターがあり、まさかこれはあの水槽から?と思ったりもしたのですが、これはきっと違うロブスターですよね。。

温泉旅行で宿泊した旅館には、共同の温泉もあったのですが、部屋に露天風呂がついているところだったので、温泉はもっぱら部屋の露天風呂を楽しんでいました。朝から露天風呂につかり、部屋で朝食を済ませた後にはちょっと周辺を散歩して観光、ランチは旅館のプランには含まれていないので、外食でおいしい放蕩を食べました。旅館に戻ってからは少しゆっくりしてから部屋での夕食、そしてまた露天風呂に入り、くつろぎました。

温泉はゆったりできるだけでなく、お肌もすべすべになるのが嬉しいです。そして、料理をしなくてもおいしいものが部屋に運ばれてくるなんて、ぜいたくな幸せですね。温泉で和食を楽しんだので、帰ってきてからはパスタやハンバーグなどの洋食を楽しんでいます。

こい

プチ温泉旅行

明日から、家族でプチ旅行に行くことになりました。

行先は久しぶりの温泉なのでかなり楽しみなのですが、同時にグッピーたちが留守中大丈夫かどうか心配です。留守中のグッピーのエサには、「3日間フード」というものを買ってみました。これを水槽の中に入れておけば、熱帯魚たちはこれを食べて3日間だ大丈夫、というものらしいです。

3日間フード

このエサの量が多いのか、少ないのかは正直わかりませんが、とりあえず数日間過ごせるものがあれば、何とか大丈夫ではないかと思います。旅行は2泊3日なので、出発直前に一応エサを与えて、そしてこの3日間フードを投入しておけば、留守中に飢え死にしてしまうという事態を避けることができるでしょう。

特にメスは妊娠しているようなので、しっかり栄養をつけて元気な赤ちゃんを産んでもらいたいものです。温泉は、今回は部屋に露天風呂がついている部屋を予約することができました。部屋に露天風呂がついていれば、年老いた母にも安心して温泉を楽しんでもらうことができそうです。真夏になると温泉はちょっと暑いですが、ちょっと涼しいこの季節は温泉にぴったりですね。

グッピーたちのエサも買い、荷造りも整い、あとは明日の出発を楽しみにするばかりです。私たち家族だけであれば電車の旅も良いのですが、今回は両親も一緒なので、レンタカーを借りて、両親を実家でピックアップして、そして出発の予定です。長距離の運転は久しぶりなのでちょっと緊張しますが、行く道の景色も楽しんでいこうと思います。

いつも忘れがちなカメラも、しっかりと荷物の中に詰めておきました。これで準備万端。あとは、留守中グッピーたちが元気に過ごしてくれることを願うばかりです。話は変わりますが、大分のとある温泉街には野生のグッピーがいる場所があるそうです。グッピーというと、水槽で、ライトとヒーターのある環境で育てるイメージがありますが、温泉街の水は温泉水の関係から暖かい水が流れることから、寒い冬でもグッピーたちは超すことができるのです。

野生のグッピーは、大分の他には沖縄にもいるという話を聞きました。沖縄のような温かい環境ならグッピーも育ちやすそうですね。海の綺麗な沖縄にも行ってみたいです。

水草を投入!

グッピーの出産に向けて、水草を購入しました。一応産卵箱も購入して準備しているのですが、万が一メスの出産に気づかずに他のグッピーもいる水槽で生んでしまっても稚魚を守ることができるようにと、水草を入れることにしました。

水草

水草を入れることで、グッピーの稚魚が他のグッピーたちから身を隠すことができることから、生き延びることができるそうなのです。

水草に隠れて、私自身も稚魚に気づかなかったりするのではないかという心配もあるのですが、今のところはまだメスのお腹も大きいので、赤ちゃんたちはお腹の中にいるようです。

話は変わるのですが、最近仕事で時間外労働が増え、家族への負担が大きくなってしまっています。家事と育児、そして仕事を両立させたいと思って出産後、落ち着いてからまた看護師としての仕事を始めたのですが、時間外労働が増えることで保育園のお迎えに間に合わずに旦那に早く仕事を切り上げてもらわなくてはいけなかったりと、いろいろと問題が生じてきています。

それでもやはり仕事は続けていきたいということで、子育てと両立しやすい条件の職場を探すことにしました。大阪の看護師転職サイトというものを見つけたのですが、転職サイトというのは、求人を見つけることができるだけでなく、担当のスタッフが希望の条件に合った求人を探して紹介してくれるそうなのです。

そんな便利がサービス、以前はなかった(または知らなかった)のでかなり気になっています。特に今は、仕事をこなして家族のための時間を守るので精いっぱいなので、転職を考えるにあたり、カウンセラーによるサポートはかなり心強いものになりそうです。

登録をしてサービスを利用する前に旦那にも相談する必要がありますが、このサービスがあれば今の状況でも家族との時間を大切にした仕事を見つけられるような気がしています。現在は正社員ですが、できればパートまたはアルバイトの仕事を見つけることができれば、家族との時間も守りながら仕事を続けることができるのではと思っています。来週は家族旅行の予定があるので、旅行が終わったら転職のことも真剣に考えていこうと思います。

メスが妊娠

グッピーの繁殖は、今回初めてすることなのでわからないことだらけですが、とりあえずメスが妊娠したように思います。

グッピーの繁殖について調べてみたところ、メスのグッピーは妊娠するとお腹が大きくなり、お腹の下の黒い部分をよく見ると赤ちゃんが見えるようになるのだそうです。とりあえず今の状態では、お腹が大きくなっており、お腹の下の部分が黒くなっています。

しかし、お腹にいる赤ちゃんまではさすがにまだちょっとよくわかりません。お産が近づくとお腹の中の赤ちゃんもどんどん成長するので見やすくなるそうです。メスが妊娠したということなので、グッピーの産卵箱も用意してきました。赤ちゃんが生まれたら、ブレインシュリンプを上げると良いらしいのですが、他のグッピーにあげているエサと同じものをさらに細かくしてあげても良いそうです。

今の段階では、ブレインシュリンプがまだ手に入っていないので、万が一すぐに生まれてしまったら今あるフレーク状のエサをさらに細かくしてあげようと思います。

メスが妊娠した日にちが具体的にわからないので、どのくらいで生まれてくるのか不明なところもありますが、グッピーの妊娠期間はおおよそ1か月前後らしいので、3週間後くらいなのかな?と思っています。でも、万が一このグッピーが購入した時にすでに妊娠していたとすると、もっと早く生まれる可能性があります。グッピーの赤ちゃんも、見たことがないので、見逃さないようにしたいと思います。

グッピー妊娠

 

グッピーの繁殖方法

初めての熱帯魚は、グッピー、そして、グッピーは繁殖しやすい熱帯魚だということを聞き、我が家の水槽でもグッピーの繁殖を試みてみようと考えています。魚というと、卵をうみつけて、そして卵がかえり、繁殖に成功するという流れになります。グッピーはもちろん熱帯魚というくらいですから、もちろん、魚になります。しかし、グッピーは、卵を産まないのです。

 

グッピーの妊娠期間はおおよそ1か月、メスが妊娠をするとお腹のあたりが膨れて、下のあたりが黒くなり、そして時が来ると稚魚をそのまま産み落とすのだそうです!ただし、気を付けなくてはいけないのが、グッピーは、親が稚魚を食べるということなのです。なので、グッピーを繁殖させるためには、妊娠しているメスを産卵箱に写し、そこで稚魚をうんでもらう必要があるのです。

 

グッピーの稚魚は、生まれてすぐに下の方に沈んでいきます。産卵箱は、上部と下部に分かれており、メスが稚魚を産み落とすと、稚魚のみが通れる程度の小さな穴から稚魚が落ちていき、親が稚魚を食べられないようになっています。こうすることで、生まれてきた稚魚を守ることができるのです。もうひとつの方法は、水草を多めに入れて、稚魚が親魚から隠れることができる場所を作るということです。

 

この場合は、親に見つかってしまった稚魚は食べられてしまう可能性もあることから、生まれた稚魚をすべて育てたいという場合には不向きかもしれません。どちらかというと、この方法は、自然の理にまかせてある程度の子孫を残すことができれば良いという人に向いているでしょう。我が家では、完全な初心者なので、まずは産卵箱を使った方法でグッピーを繁殖させてみたいと思います。

産卵箱

 

 

 

水槽の水替え

グッピーを飼うにあたり、知っておく必要があるのが、水槽の水替えの方法です。子供の頃、金魚を飼っていた時には、水槽の中の金魚をすべてバケツにうつし、金魚の水槽は庭の水道のところで丸洗いします。そこに、太陽に干してカルキ抜きをした水を入れて、水替えが完了です。

なかなかの手間のかかるものでしたが、水槽の水替えは綺麗な水槽を維持するためには必要不可欠。しかし、グッピーの場合は、金魚と違い、水槽の水を全とっかえしません。週に1度を目安に、水槽の全体の1/3程度の水を抜いて、取り換えるのです。水槽の水替えの方法もいろいろとあると思いますが、我が家でしているのは、底砂の下に落ちたゴミを吸い取ってくれるパンプを使って1/3程度の水を抜きます。このパンプが意外と優れもので、底砂の下にたまったごみを吸い取るだけでなく、水抜きを簡単にすることができるのです。なので、水が入った重たい水槽を持ち上げることもなく、パンプとバケツで簡単に水抜きをすることができます。

水槽に入れる水も、もちろん、太陽にあてた自然の水がよいと思うのですが、水道水に混ぜて使うトリートメントを使うことで、水つくりの手間を省いて水槽の水替えをすることができるのです。水を整えた後には、パンプの時に動いてしまったインテリアを元に戻して水替え完了です!これだけの作業だと、水替えにかかる時間もわずか10分から15分。水替えの頻度は、調べてみるといろいろな意見がありましたが、1週間に一回1/3の水を取り換えるか、2日から3日に1回少量の水と取り換えるか。

少量の水を頻繁に取り換えれば、一見手間がかかるように見えますが、底砂の下にたまったごみをためずに頻繁に掃除することができるので、綺麗な水槽をより長く維持することができそうです。取り換える水の量が少なければ、水替えにかかる時間も短くなるので、とりあえずは少量の水を週に2回から3回取り換える方法で行ってみようと思います。

ポンプ

熱帯魚を飼うために必要なもの

熱帯魚を飼うために必要なもの。

それは、淡水魚を飼うのか、それとも海水魚を飼うのかによって変わってきます。海水魚とは、映画の「ニモ」に出てくるようなカクレクマノミやイソギンチャクになります。こういった熱帯魚は、人工的に海水を作ってあげる必要があるので、必要なものや費用もそれなりに大変なものとなってきます。

初心者でも飼うことができる熱帯魚はやはり、淡水魚でしょう。淡水魚は、金魚やメダカを始め、グッピー、コリドラス、スネイル、オトシンクルなどになります。淡水魚は、塩素を除いた普通の水を使うことができるので、水を作ってあげるのも海水魚に比べるとシンプルな作業になります。

淡水魚を飼うために必要なもは以下です。

・水槽・ライト
・フィルター・ヒーター
・水槽の底面用のじゃり
・植物(熱帯魚にあったもの)
・デコレーション
・エサ・グラスについたコケを掃除するブラシ
・砂利を掃除するポンプ
・水替え用のバケツ
・水質を調整するもの

グッピーそのものは高価な熱帯魚ではなく、気軽に買える金額のものですが、熱帯魚を始めるにあたり、必要なものをそろえると、やはりそれなりの金額となります。

が、一度この必要なものをそろえてしまえば、あとは好みの熱帯魚を水槽に入れ、楽しむことができるのです。

我が家では、主にグッピーが中心の水槽にする予定で、最初に買ったグッピーたちが子供を作ってくれることを望んでいます。グッピーと共存する熱帯魚選びにも、グッピーの稚魚を食べるよなものはとりあえる避けています。

オトシンクルは、基本的に食べるものがコケなので、その点では将来的にも安心です。熱帯魚に最低限必要なものはそろっている我が家ですが、それでもやはり週末のペットショップは楽しいものとなっています。

 

heater

コケ対策ーオトシンクルー

グッピーを飼い始めて、すっかり熱帯魚にはまってしまった我が家。

毎日水槽の中にいるグッピーを眺めて楽しむだけでなく、水槽について調べたり、週末に熱帯魚を取り扱っているペットショップに足を運ぶのが楽しみのひとつとなっています。そんな中で、水槽を綺麗に保つためには、フィルターや水替えだけでなく、コケを食べてくれる生き物をグッピーと一緒に飼うことで、掃除にかかる手間を省き、綺麗な水槽を維持してくれるという情報を入手しました。

コケを食べてくれる生き物には、スネイルやオトシンクルという魚がいるようです。スネイルやオトシンクルは、主にグラスや水槽の中のデコレーションについたコケを食べてくれるそうです。

また、水槽の底面のお掃除役には、コリドラスなどの熱帯魚がおすすめのようです。グッピーは、基本的には口に入らない大きさの生き物でなければ、攻撃したり食べたりすることはないそうで、オトシンクルもスネイルも、コリドラスも共存することができるのだそうです。

スネイルとオトシンクルを飼う時に気を付けないといけないのは、彼らは水槽の中にあるコケを生きることから、コケのない水槽では生存が難しいということです。我が家の水槽は立ち上げてしばらくたつので、目に見えるコケは目立たないものの、大丈夫だろうということで、まずはオトシンクルを一匹購入することにしました。

食べるコケが足りないと生存できないので、まずは一匹購入して様子を見ることにしました。新しい生き物を水槽に入れる時には、お店で入れてもらった袋を水槽に10分程度浮かべて、水の温度を慣らします。そしてゆっくりと新しい水槽に袋の中の水と一緒に入れてあげることで、水温の差にびっくりしてしまうことなく、新しい環境へと慣れていくことができるのです。

新しい生き物を水槽に迎えた時には、新しい環境に対する「ショック」から守るために、1週間は観察が必要です。新しい仲間のオトシンクルは、今のところはガラスに張り付いたり、泳いではりつく場所を変えたりと、元気に過ごしています。

 

オトシンクルす

水槽選び

グッピーを買うと同時に必要なもの、それは水槽です。グッピーを買っても、水槽がなくては育てることができないので、水槽は絶対に必要なものとなります。

 

熱帯魚を飼うのは今回が初めてなので、どんな水槽が良いのかわからなかったのですが、お店の人にグッピーにはライトとヒーターが必要だということを聞き、フィルターとライトのついたプラスチック製の水槽を買いました。

プラスチック製の水槽は、ガラス製に比べて軽いので取り扱いやすいそうです。なので、水槽の掃除をするにも、ガラス製よりもプラスチック製の方が手入れも楽だろうと思っています。

水槽を購入して、考えなくてはいけないのは、水槽の中のインテリアです。水槽の底には砂利のようなものを敷く必要があります。また、グッピーは隠れるところが必要であること、特に繁殖を考えるのであれば水草も必要となります。

繁殖させるのであれば、出産のときに他のグッピーから赤ちゃんを守るネットのようなものも必要になるようなのですが、それはまたその時期が来たら購入しようと思います。グッピーは熱帯魚の中でも育てやすいだけでなく、単価も安いので手軽に購入することができます。

ただし、我が家は熱帯魚そのものが初めてだったので、水槽やその中のインテリアなんかを購入したら結構な金額になりました。それでもまあ、水槽やなんかにかかる費用は初期費用であって、故障でもしない限り費用はかからないので安心です。

簡単に始めることができるといわれている熱帯魚グッピーですが、やはり最初にやることはいろいろありました。フィルターは、ある程度汚れてきたら交換する必要があるそうなのですが、ちょうど交換用のフィルターがセール中だったので、これを機に購入しました。水草にもいろいろと種類があるのですが、今回はグッピー用に必要なものだったので、グッピーが好きな葉っぱの軟かい水草にしました。

 

hydra01

グッピーから始まった我が家の水槽

マンション暮らしだけど、何か家族としてペットを迎えたい。

 

そういった願いから始まった我が家の水槽。昔子供のころ飼っていた金魚やメダカを飼うことも考えたのだけど、せっかくであれば鑑賞も楽しむことができる熱帯魚にしてみようということになり、30cmの水槽を購入しました。

 

熱帯魚選びは、熱帯魚の初心者でも比較的簡単に育てることができるグッピーにしてみました。グッピーと言えば、ちびま●こちゃんも昔買ったことがあるというくらい、初心者にも簡単に飼うことができる熱帯魚なのです。

また、グッピーは繁殖もしやすいそうで、オスとメスのいる水槽であれば必ず赤ちゃんが生まれて、グッピーが増えていくそうなのです。ということで、まずはオス一匹、そしてメス一匹の水槽から始めることにしました。

 

お店の人にもいろいろと聞いてみたところ、オスとメスを一緒にしてすぐに妊娠すれば、1か月ちょっとで赤ちゃんが生まれるとのこと。1か月しても赤ちゃんが生まれない場合には、残念ながらそのオスとメスは相性がよくなかったということで、新たなオスもしくはメスを追加する必要があります。相性が悪かったので離婚、そして新しいグッピーと再婚ということですね笑。

 

グッピーをオス&メス一匹ずつ飼うと決めてお店に行き、グッピーはオスは鮮やかな色をしているけれど、メスはシンプルな白っぽい色だということを知りました。そういえば、カモとか、他の動物も、オスが華やかで、メスはどちらかというと地味な色をしていたような気がします。

 

グッピーメス

人間はどちらかというと男性よりも女性の方が華やかなようですが、動物はメスよりもオスの方が華やかなんですね。こうして始まった我が家の熱帯魚生活。これからどう展開していくのか、お楽しみに。